ほぼ週刊★平民貴族

心豊かに生きることをテーマにした雑誌ブログ。主に映画と歴史と書籍について書いています。

好きな言葉①

広告

知力ではギリシア人に劣り、

体力ではケルト(ガリア)やゲルマンの人々に劣り、

技術力では、エトルリア人に劣り、

経済力では、カルタゴ人に劣るのが、

自分たちローマ人である


国や民族なんて大きな括りでなくても

私たちは自分より優れた人と競ったり、比べられたりしますよね。

私自身も、それでたくさん悩み苦しみました。

その時の自分がこの言葉と出会っていれば、と思います。


知っての通り、ローマはギリシャとカルタゴを破り、ケルトやエトルリア、ゲルマンを退けて繁栄を築きます。

ローマ人に出来たのだから自分にも出来る。

そんな傲慢なことは言うつもりはありません。

けどね

どこかにあるんですよ。

自分達より強大な者たちに囲まれても勝ち残る方法が。

そんな現代社会で生き残るための、非常に再現性の高いノウハウがローマの歴史に詰まっている。

私は最近そう感じるようになりました。


余りにも独り善がりな考えでしょうか。

いけない、いけない。

自らの考えの例証として歴史を使うのは、悪いとは言えないけど好きじゃない。

けど学べることはたくさんあると思うんですよね。